付属品

デジカメ一眼は家電と同様であると前項で示しましたが、唯一大きく違う点があります。それは付属品です。デジカメ一眼は、中身はデジタルパーツの塊であり家電ですが、カメラ本体はあくまで“カメラ”なのです。

デジタル写真はスマホの登場により、より身近なものになっています。ポケットに入りながらも綺麗な写真を手軽に撮ることができ、すぐにアップロードでき、しかもインターネットが可能なスマホは老若男女問わずかなりの人が持っています。スマホに比べかなりかさ張るデジカメ一眼は、趣味的要素の高いものだと言わざるを得ません。

ですが一眼レフという特徴上、レンズが大きく、一度に入ってくる情報がスマホとは格段の差があります。またレンズ交換が可能ですので、光学倍率を上げることや逆に下げること(接写)も可能です。カメラバックや三脚、ストラップなども各種販売されていますので、自分に合ったものを選ぶことができます。

一眼レフの買取は家電であるデジタルの買取だけでなく、そのような付属品も価格に影響してきます。付属品とセットで売りに出すことはもちろん、カメラは売らずに三脚や双眼鏡などの関連製品だけを買い取りしてもらえる業者もあります。

■カメラ、レンズはもちろん、三脚やビデオカメラ、双眼鏡なども大歓迎です!

カメラ・レンズに限らず三脚やビデオカメラ、双眼鏡など関連製品の売却にお困りの方、新モデルへの買い替えタイミング、納得の査定金額をご希望の方などなど、満足いくサービスを提供します。

ただ使いまわしができることが多いので、どこまで付けて買取に回すのかは、買取時期や時期機種などを踏まえ、よく考えたほうがお得だといえるでしょう。

デジタル一眼はお早目に

デジカメ一眼レフは、欲しいカメラがあればなるべく早めに買い替えることをお勧めします。プロ用の最上級品を除けば、デジカメはカメラ業界の商品でありながら家電です。家電は新商品がでると従来の商品は価格が下がりますので、型遅れを安く買ったほうがお得のようですが、カメラは買取サービスがある業者がありますので、新しいデジカメであれば高く買い取ってくれるのです。そのため持っているカメラが古くなる前に買い取ってもらったほうが高く売れ、結果新しいカメラが安く買えることになるのです。

ではなぜカメラが家電になったかというと、それはデジカメがすべてをデジタル化してしまったせいでしょう。カメラは機能自体は、アナログ時代から大きな進歩はありません。レンズにより取り込んだ画像(情報)を、媒体に写す。その基本には変わりありません。光を銀塩に写していたものを、デジタル処理して情報をデータ化しているのです。デジタルの処理技術というのは、進歩し続けています。パソコンやスマホの進歩と同じように、デジカメも処理速度に合わせ、画素や記憶媒体が大きくなってきました。デジタルですべてを処理するために、デジタル業界と同じ進歩の早さになり、パソコンはスマホと同じ家電となっているのです。

お得な理由

なぜ買取サービスを利用したほうが、お得なのか?その理由は、前項で示したことが総括されることになります。まずデジタル化されていないカメラの新品が無いことです。現在の主流であるデジカメではなく、フィルムを失敗しないためのオートフォーカスや自動調整機能がついていない完全なアナログカメラは、年式が古く、欲しいと思っても手に入りません。クラシックカーなどと同様に、趣味的要素が強いものですので、部品取りも含めて求めている人は多いのです。アナログカメラは精密機械ですが、案外単純にできています。壊れているカメラを2個合わせて直せないとしても、3個、4個あれば直せることがあり、業者としては不動であっても、買い取りたいのです。

デジカメを含めたオート機能付きの一眼レフは、レンズに特徴があります。オートフォーカスはレンズについているピントを機械が合わせるものですが、カメラに対応した専用のレンズでないと使用できません。基本的に一眼レフは本体とレンズは別売りになっていますが、販売されるときはセットにして売っています。一眼レフはレンズを変えることに特徴があるカメラですので、レンズだけを求める人が多いためレンズだけでも十分に価値があるのです。

カメラは買取サービスを利用しよう

カメラは使い捨てカメラが登場して、一気に身近なものへとなりました。それに反するように一眼レフは、別格の扱いを受けるようになりました。それが変わってきたのは、カメラがオート化されるようになってからです。

オートフォーカスなどの技術の向上は、ポケットカメラなどのコンパクトカメラから一眼レフに伝わり、アナログでは手動で現像してみないと分からなかった出来を、失敗のないカメラへと進歩させました。それに拍車をかけたのは、デジカメの登場でしょう。

デジタルカメラはその名が示すように、画像をデジタルで捉えたもので、銀塩のようにアナログで情報を処理するものではありません。コンパクトカメラから広がったデジタルは、銀塩と同様に一眼レフまで、現在においてはデジカメ以外を探すほうが難しいものがあります。オーディオも同様ですが、アナログにはアナログの良さがあり、それを好む人も多いのですが、大半は便利で手軽に扱えるデジタルに移行しているのが現実です。カメラ屋などに行ってみると分かり易いのですが、フィルムの販売は極一部で、そのほとんどはデジカメ用の機材ばかりです。

そのためアナログを好む人は中古を求めており、特に一眼レフは不動であっても買取されており、カメラ本体だけでなくパーツや付属品も求められています。またそれがデジカメであっても、一眼レフは人気ですので買い替えのさいには、買取サービスを利用したほうが断然お得だといえるでしょう。