付属品

デジカメ一眼は家電と同様であると前項で示しましたが、唯一大きく違う点があります。それは付属品です。デジカメ一眼は、中身はデジタルパーツの塊であり家電ですが、カメラ本体はあくまで“カメラ”なのです。

デジタル写真はスマホの登場により、より身近なものになっています。ポケットに入りながらも綺麗な写真を手軽に撮ることができ、すぐにアップロードでき、しかもインターネットが可能なスマホは老若男女問わずかなりの人が持っています。スマホに比べかなりかさ張るデジカメ一眼は、趣味的要素の高いものだと言わざるを得ません。

ですが一眼レフという特徴上、レンズが大きく、一度に入ってくる情報がスマホとは格段の差があります。またレンズ交換が可能ですので、光学倍率を上げることや逆に下げること(接写)も可能です。カメラバックや三脚、ストラップなども各種販売されていますので、自分に合ったものを選ぶことができます。

一眼レフの買取は家電であるデジタルの買取だけでなく、そのような付属品も価格に影響してきます。付属品とセットで売りに出すことはもちろん、カメラは売らずに三脚や双眼鏡などの関連製品だけを買い取りしてもらえる業者もあります。

■カメラ、レンズはもちろん、三脚やビデオカメラ、双眼鏡なども大歓迎です!

カメラ・レンズに限らず三脚やビデオカメラ、双眼鏡など関連製品の売却にお困りの方、新モデルへの買い替えタイミング、納得の査定金額をご希望の方などなど、満足いくサービスを提供します。

ただ使いまわしができることが多いので、どこまで付けて買取に回すのかは、買取時期や時期機種などを踏まえ、よく考えたほうがお得だといえるでしょう。