デジタル一眼はお早目に

デジカメ一眼レフは、欲しいカメラがあればなるべく早めに買い替えることをお勧めします。プロ用の最上級品を除けば、デジカメはカメラ業界の商品でありながら家電です。家電は新商品がでると従来の商品は価格が下がりますので、型遅れを安く買ったほうがお得のようですが、カメラは買取サービスがある業者がありますので、新しいデジカメであれば高く買い取ってくれるのです。そのため持っているカメラが古くなる前に買い取ってもらったほうが高く売れ、結果新しいカメラが安く買えることになるのです。

ではなぜカメラが家電になったかというと、それはデジカメがすべてをデジタル化してしまったせいでしょう。カメラは機能自体は、アナログ時代から大きな進歩はありません。レンズにより取り込んだ画像(情報)を、媒体に写す。その基本には変わりありません。光を銀塩に写していたものを、デジタル処理して情報をデータ化しているのです。デジタルの処理技術というのは、進歩し続けています。パソコンやスマホの進歩と同じように、デジカメも処理速度に合わせ、画素や記憶媒体が大きくなってきました。デジタルですべてを処理するために、デジタル業界と同じ進歩の早さになり、パソコンはスマホと同じ家電となっているのです。